NIDays 2015|2015年10月30日(金)東京コンファレンスセンター(品川)

NIDays 2015 今年の開催は10月30日に決定!

NIDaysは「LabVIEW」を中心としたNIプラットフォームベースアプローチを活用した、最新システムや業界動向などを紹介するイベントです。自動車、通信、エレクトロニクスからアカデミックまで、幅広い業界におけるNI製品の採用事例も多く発表されます。

※NIDays 2015は、盛況のうちに終了いたしました。
 多数のご来場、誠にありがとうございました。

日時 2015年10月30日(金) 10:00~18:00 (9:30受付開始)
会場 東京コンファレンスセンター(品川)
入場料 無料(事前登録制)
主催 日本ナショナルインスツルメンツ株式会社

セッションプログラム

9:30~

総合受付

総合受付オープン

10:00~11:20

基調講演

「IoT時代のカギを握るのはプラットフォームベースアプローチ」

街中に出れば多くの人がスマートフォンやタブレットを片手に、情報をやり取りしたり、SNSで交流を図っている姿が目にとまります。私たちの身の回りで「つながっている」人々が使っているシステムが、まさに「モノのインターネット(IoT:Internet of Things)」―これまでは異種どうしだったシステムの集合体と言えます。なかでもインダストリアルIoT(IIoT)と呼ばれる、産業向けIoTの動向は生産性や品質管理の向上などを目的としており、モノをつなぐために必要なテストシステムやネットワーク環境を確立することが重要視されています。そこでカギとなるのが未来に向けた開発を可能にする、ソフトウェアを中心としたプラットフォームベースアプローチです。NIDays 2015ではIoTという言葉が広く使われるようになる以前から、NIが提唱してきた「プラットフォームベースアプローチ」がIIoTに及ぼす影響と、最新の技術動向を紹介します。

11:20~11:30

Engineering Impact Award Japan授賞式

Engineering Impact Award Japan とは、ナショナルインスツルメンツ(NI)製のソフトウェア・ハードウェアを使用したアプリケーションを、全国のユーザより募り、技術、コスト、革新性等の面から審査するコンテストです。授賞式後のランチョンセッションではEngineering Impact Award Japan の最優秀賞者による作品発表を行います。

11:30~ Lunch Time 3F/4F/5F (3Fレストランおよびランチョンセッション会場にて昼食を用意いたします。)
13:00~13:45

技術セッション

A-1 【製品セッション:LabVIEW】 初心者向け

「LabVIEWでできること」

LabVIEWは世界中でエンジニアや研究者に広く支持されている開発ソフトウェアですが、LabVIEWを使い始めたばかり、もしくはまだ使ったことのない人にとっては「LabVIEWで何ができるか分からない」という意見が大半です。LabVIEWにはシミュレーション、データ収集、計測器制御、計測器解析、データ表示などの計測に特化したライブラリが多く内蔵されています。本セッションではLabVIEWでできること、またLabVIEWがどのようにエンジニアの課題の解決に役立つツールなのかを紹介します。

日本ナショナルインスツルメンツ株式会社

14:00~14:45

技術セッション

A-2 【製品セッション:LabVIEW】 ユーザ向け

「LabVIEWの未来」

LabVIEWは30年以上多くのエンジニアに課題を成功に変えるツールとして使用されてきました。時代やテクノロジーが目まぐるしく変化している中、LabVIEWも進化し続けています。では今後どのような変化をしていくのでしょうか?本セッションではLabVIEW 2015の新機能を紹介しつつ、さらにLabVIEWの開発に対してNIの投資はこれからどこに向けられていくのか、どういった改良が今後期待できるのかといった、「LabVIEWの未来」について紹介します。

日本ナショナルインスツルメンツ株式会社

14:45~15:15 休憩時間 4F/5F (展示会場にてドリンクを用意いたします。)
15:15~16:00

技術セッション

A-3 【事例】

「NI PXIを応用した1分子DNA電流計測システムの開発」

ナノスケールの細孔(ナノポア)を応用した、新しいDNA塩基配列解読技術の研究開発が注目されています。大阪大学 産業科学研究所では、ナノ電極集積型ナノポアシークエンサーの研究開発を行っています。このシークエンシング技術では、ナノポアを通過する1分子DNAの各塩基分子を通るトンネル電流を計測することで塩基分子識別が成されます。そのためには、1塩基分子を通るピコアンペアレベルの極めて微小な電流をMHzレベルの速度で計測・記録する必要があります。 そこで、高ゲイン広帯域電流アンプを用いて電流を増幅し、アンプからの出力電圧をNI5922でデジタイジング、更にNIのRAIDシステムでリアルタイムに記録するPXIシステムを構築し、LabVIEWでプログラムしました。 本講演では、この高速微小電流計測システムの開発内容を中心に、我々が行っているナノ電極集積型ナノポアシークエンサーに関する研究内容を紹介します。

大阪大学 産業科学研究所バイオナノテクノロジー研究分野 准教授 筒井 真楠氏

16:15~17:00

ゼネラルセッション

A-4 【クロージングキーノート】

「日本におけるIndustrial Internetの取り組みと課題について」

本セッションでは、Industrial Internet Consortium(IIC)の最新の活動状況についてお話しすると共に、日本におけるIndustrial Internetの推進状況と課題についてお伝えします。また、9月にバルセロナにて開催されるIOT Solution World Congressにて発表するIICのテストベッドに関して紹介します。(IOT Solution World Congressは9/16~18に開催予定)

一般社団法人 日本OMG代表理事 兼 Industrial Internet Consortium 日本代表 吉野 晃生氏

9:30~

総合受付

総合受付オープン

11:30~ Lunch Time 3F/4F/5F (3Fレストランおよびランチョンセッション会場にて昼食を用意いたします。)
13:00~13:45

技術セッション

B-1 【製品セッション:データ収集】

「~IoTに必須のBig Analog Data計測の基本~基礎から学ぶ!代表的なセンサーと計測技術」

産業分野向けのIoTの基本はセンサによるアナログデータ収集です。本セッションでは、状態監視を例に上げながら、加速度センサを始めとする代表的なセンサと用途を紹介し、センサ計測に使用される計測システムの基本構成と、多チャンネルセンサの分散同期計測など、技術的なポイントをわかりやすく説明します。

日本ナショナルインスツルメンツ株式会社

14:00~14:45

技術セッション

B-2 【製品セッション:データ収集】

「高確度な電気計測を行うための実践的なアドバイス」

センサーデータは、その正確さがシミュレーションや情報分析結果に大きく影響します。ところが計測データは、ノイズ等の不確定性の影響で測定誤差を含んでおり、その誤差の最小化が重要課題となります。本セッションでは、シールド方法、グランドの取り方、結線方法などの計測テクニックの基本をわかりやすく解説します。

日本ナショナルインスツルメンツ株式会社

14:45~15:15 休憩時間 4F/5F (展示会場にてドリンクを用意いたします。)
15:15~16:00

技術セッション

B-3 【製品セッション:データ収集】 初心者向け

「~IoTに必須のBig Analog Dataの管理手法~最適なデータ保存形式とExcel以外の管理ツールの提案」

IoTと称して、あらゆるデータを計測してクラウドに保存しても意味がありません。そのデータを分析して意味だしが重要であることはいうまでもありません。そのためには分析しやすく管理しやすいデータ形式で保存することが不可欠です。本セッションでは、Big Analog Dataを分析する際の典型的な問題点を、Excelを例に上げて紹介し、TDMSというデータ保存形式と、NI DIAdemというデータ検索、読み込み、解析、レポート作成を可能にするソフトウェアの紹介をします。

日本ナショナルインスツルメンツ株式会社

16:15~17:00

技術セッション

B-4【事例】

「なぜNI社製品が選ばれるのか? 状態監視システムの最新動向」

イー・アイ・ソルは市販品にはない計測装置を、NI製品を使用して開発しています。その開発を通じ、最先端の状態監視アプリケーションの実現に数多く携わってきました。本セッションでは、IoT時代が到来していることを踏まえ、センサを用いた状態監視において多くの方が悩まれている点を明らかにしながら、弊社の「見える化技術」を用いて解決した状態監視システムの実例を紹介します。

紹介予定の事例: 消費電力の見える化システム(アズビル社)、リアルタイム音源可視化装置、工場設備の状態監視、発電設備の状態監視、工事現場の見える化

株式会社イー・アイ・ソル 常務取締役 平澤 啓氏

9:30~

総合受付

総合受付オープン

11:45~12:15

ランチョンセッション

C-0 【ユーザ事例】

ランチョンセッションではランチボックスを用意しています。ユーザセッションを聴講しながら、昼食をお召し上がりください。

13:00~13:45

技術セッション

C-1 【製品セッション:ソフトウェア無線】

「無線通信機器のプロトタイプ開発における最新ソフトウェアLabVIEW Communications - 第5世代(5G)移動通信の道を開く」

無線通信アルゴリズムを最適化する上で、ソフトウェア無線(SDR)のアプローチは1つの効果的な手法です。このセッションでは、現在の開発環境では複数のソフトウェアやハードウェアを組み合わせ、3つの複雑で組織化されていない開発ステップを踏まざるを得ない開発の現状について確認し、それらを互換性のあるハードウェアを用い、統合された管理可能な1つの開発フローへ移行する方法について紹介します。この新しい手法により研究者は試作やテストにかける時間やコストを大幅に削減することができるため、無線通信機器開発の競争において優位に立つことができます。

日本ナショナルインスツルメンツ株式会社

14:00~14:45

技術セッション

C-2 【製品セッション:自動テスト】

「スペクトル計測の基本と自動計測の最適化手法」

本セッションでは、ベクトル信号アナライザーのダイナミックレンジを生かしたスペクトル計測や変調信号解析について紹介します。相互変調歪み(IM3)、3次インタセプト(TOI)、隣接チャネル漏洩電力(ACP)、エラーベクトル振幅(EVM)などについて理解を深め、それらの計測の最適化手法を説明します。

日本ナショナルインスツルメンツ株式会社

14:45~15:15 休憩時間 4F/5F (展示会場にてドリンクを用意いたします。)
15:15~16:00

技術セッション

C-3 【製品セッション:自動テスト】

「オシロスコープを使った計測の速度と品質をユーザプログラマブルFPGAの活用で向上しよう!」

ユーザプログラマブルFPGAを搭載したオシロスコープを使用すると、従来の箱型オシロスコープでは不可能であったカスタムトリガ条件をリアルタイムで評価し、イベントをより早く検出することが可能なため、より高品質の計測が高速で行えます。本セッションではFPGAを搭載した新しいソフトウェア設計型の計測器(Software Designed Instruments)について応用事例を紹介します。

日本ナショナルインスツルメンツ株式会社 

16:15~17:00

技術セッション

C-4 【製品セッション:自動テスト】

「自動計測システムを40分以内で構築する!」

自動テストシステムの構築にはテストコードの作成、並列テスト実行エンジンの開発、レポート生成機能の実装など多機能なソフトウェア開発が求められるため1から開発するにはあまりにも工数がかかり、自動化の推進を妨げています。本セッションではLabVIEWとTestStandにより、いかにこれらの課題が解決されるのかを紹介するだけではなく、実際にNIのエンジニアがその場でテストシステムを開発デモを行うことでテストの自動化を疑似体験していただきます。

日本ナショナルインスツルメンツ株式会社

9:30~

総合受付

総合受付オープン

11:45~12:15

ランチョンセッション

D-0 【ユーザ事例】

ランチョンセッションではランチボックスを用意しています。ユーザセッションを聴講しながら、昼食をお召し上がりください。

13:00~13:45

技術セッション

D-1 【組込】

「myRIOを用いた組込システムの構築と事例紹介」

myRIOは、リアルな組込設計を短時間で開発できるポータブルデバイスです。このセッションでは、myRIOを用いた組込システムの構築方法とアプリケーション分野を紹介します。

日本ナショナルインスツルメンツ株式会社

14:00~14:45

技術セッション

D-2 【製品セッション:組込】 初心者向け

「マイコン、PLC、カスタムボードではできないことができる!産業向けIoTの実現に向けた導入事例の紹介」

産業向けIoTの実現にはアイデアを形にするプロトタイピングが重要になります。ところがセンサ計測、画像処理、フィードバック制御、クラウド接続など、開発者にとって専門外の技術を組合わせた複雑なシステムになることが多いため、斬新なアイデアの実現方法が課題となります。本セッションでは、NIが提供するLabVIEWを中心とする組込開発プラットフォームにより、専門外の技術導入の敷居がどのように下がるのか、具体的な事例を用いて紹介します。

紹介予定の事例:Hyundai Motor社の歩行補助用パワードスーツ、階段を上がれる電動車いすの開発事例

日本ナショナルインスツルメンツ株式会社

14:45~15:15 休憩時間 4F/5F (展示会場にてドリンクを用意いたします。)
15:15~16:00

技術セッション

D-3 【事例】

自動車向け「モデルベーステストの自動化適用事例」

車載ソフトウェアの品質にはMILS、HILS による検証が必要ですが、自動テストシーケンスの作成は工数を要する作業となっています。本セッショ ンではパワーウィンドシステムを例にとり、テストの自動化に関する適用事例と、より網羅的なテストが実現できるモデルベーステストの技術とその利点を紹介します。

HILS コンサルタント(元三菱ふそうエンジン制御技術者) 高尾 英次郎氏

16:15~17:00

技術セッション

D-4 【事例】

「LabVIEWによる品質工学 MT法を利用した信号監視技術の検証」

楽器のように音質自体が品質になる製品の品質管理や、橋梁・トンネルなどの構造物の劣化確認、または工場設備を診断する場面では、これまではヒトが音響や振動を判定する「官能検査」が行われてきました。今日ではPC性能の向上に伴い、信号処理技術を使って音響や振動を解析する信号監視技術を活用できるようになりました。その結果、判別診断技術として実績のある「品質工学MT法」と「LabVIEW」の信号処理機能を連携することで、演算処理の負荷が非常に小さく信頼性の高い診断が可能な信号監視技術を実現できました。本セッションでは、その原理と実施例を紹介します。

元 産業技術大学院大学 客員研究員 鈴木 真人氏

9:30~

総合受付

総合受付オープン

9:45~11:30

体験セミナー

H-1.0 【LabVIEWユーザ対象】

myRIOを用いた組込システム構築体験セミナー

myRIOは小型ボディにマルチコア・リアルタイムプロセッサ、FPGA、プログラム可能な多数のアナログ・デジタル入出力、USBポート、WiFiが搭載されたハードウェアプラットフォームです。myRIOは、産業界で実績のある技術が学べる組込ハードウェアデバイスで、実世界の複雑な組み込みシステムをこれまでにない短時間かつ低コストで開発することができます。また、LabVIEWを利用すれば、再構成可能I/O(RIO)アーキテクチャを簡単にプログラミングすることができます。この体験セミナーでは、組込システムの概念とプログラミング手法を1つのデバイスで学習します。
※本セミナーはLabVIEWを使用したことのある方を対象としています。セミナーの中ではLabVIEWの操作方法についての解説はありませんので、未使用の方は参加できません。予めご了承ください。

日本ナショナルインスツルメンツ株式会社

11:30~ Lunch Time 3F/4F/5F (3Fレストランおよびランチョンセッション会場にて昼食を用意いたします。)
13:00~14:45

体験セミナー

H-1.1

増え続ける膨大なデータの管理をシンプルに ~DIAdemソフトウェア体験セミナー~

PC技術の進化に伴い大量のデータを高速に計測できるようになりましたが、計測した生データをより意味のある情報にするために、必要なデータを検索し、解析し、レポート化する作業は、データ収集・計測・テストに携わるエンジニアをいまだに悩ませています。DIAdemは、計測データやシミュレーションで生成されたデータを、すばやく簡単に検索、ロード、視覚化、解析、レポート生成できるソフトウェアツールで、大量のデータにすばやくアクセスして処理し、レポートを作成することが求められる最新のテスト環境のニーズにも対応できるよう設計されています。Excelを駆使してエンジニアリングデータと悪戦苦闘されている方には、ぜひ一度体験していただきたいソフトウェアです。

日本ナショナルインスツルメンツ株式会社

14:45~15:15 休憩時間 4F/5F (展示会場にてドリンクを用意いたします。)
15:15~17:00

体験セミナー

H-1.2 【入門編】

自動計測システム構築体験セミナー

近年、計測器制御ツールの使いやすさは劇的に向上していますが、その中でもNIのシステム開発ソフトウェア「LabVIEW」はNo.1の業界シェアを誇っています。このLabVIEWを活用することで、計測器の制御やデータ取得を迅速に行うことができます。また、データ取得後の「解析・表示・保存・レポート機能」が充実しており、将来的に計測・制御プラットフォームとして、今まで複数のツールを使っていた作業をLabVIEWで一本化できるといったメリットもあります。本セッションでは、LabVIEWを用いた計測器制御の手順やメリット、テキスト言語との違いを計測器シミュレータを用いて体験できます。
※本セミナーは通常開催している無料セミナー「【入門編】自動計測システム構築体験セミナー」の短縮版です。

日本ナショナルインスツルメンツ株式会社

9:30~

総合受付

総合受付オープン

9:45~11:30

体験セミナー

H-2.0 【LabVIEWユーザ対象】

計測器制御システム体験セミナー

システム開発ソフトウェア「LabVIEW」とモジュール式の計測器(DMM、関数発生器、オシロスコープ、SMU、高速デジタル、スイッチ)を共に活用すると、計測器制御システムとして生産性を最も高めることができます。本セミナーでは実際にフィルタ、LED、伝送ラインなどのテスト対象を1つずつ用いLabVIEWとPXI を使ってテストコードを作成する方法を学びます。
※本セミナーはLabVIEWを使用したことのある方を対象としています。セミナーの中ではLabVIEWの操作方法についての解説はありませんので、未使用の方は参加できません。予めご了承ください。

日本ナショナルインスツルメンツ株式会社

11:30~ Lunch Time 3F/4F/5F (3Fレストランおよびランチョンセッション会場にて昼食を用意いたします。)
13:00~14:45

体験セミナー

H-2.1 【実践編】

自動計測システム構築体験セミナー

近年ますます複雑化するデバイスを設計段階で検証したり、試作デバイスの特性を評価したり、または量産における自動テストシステムを構築する場合、これまで以上に複数の計測器を必要とし、これまでよりも高速に、自動でテストを行う必要が生じています。本セミナーは、このようなエンジニアの課題を解決するための、最新の自動計測システム構築の手法とノウハウを学んでいただくセミナーです。テスト管理ソフトウェアTestStandと、モジュール式の計測器(DMM、関数発生器、オシロスコープ、SMU、高速デジタル、スイッチ)を活用し、実際にフィルタ、LED、FETなどのテスト対象を複数同時にテストするシステム構築を体験できます。
※本セミナーは通常開催している無料セミナー「【実践編】自動計測システム構築体験セミナー」の短縮版です。

日本ナショナルインスツルメンツ株式会社

14:45~15:15 休憩時間 4F/5F (展示会場にてドリンクを用意いたします。)
15:15~17:00

体験セミナー

H-2.2 【LabVIEWユーザ対象】

USRP RIOを用いたソフトウェア無線体験セミナー

5Gなどの次世代のワイヤレス通信システムの研究・開発において、いかに早くコンセプトやアルゴリズムを実世界の環境で実証できるかが、開発競争を勝ち抜く上で大きな鍵となっています。本セミナーではOFDM方式を例にとり、無線通信システムのプロトタイピングを体験できます。低コストながらも柔軟性に優れたソフトウェア無線(SDR)を利用することで、標準のPCを次世代ワイヤレスプロトタイピングツールとし、画期的なLabVIEW CommunicationsソフトウェアとNI USRP™(Universal Software Radio Peripheral)併用することで、ソフトウェアとハードウェアの極めて高い統合性を実現します。
※本セミナーは通常開催している無料セミナー「USRP RIOを用いたソフトウェア無線体験セミナー」の短縮版のため、LabVIEWの操作方法は解説しません。そのため、LabVIEWを使用したことのない方は参加できませんので、予めご了承ください。

日本ナショナルインスツルメンツ株式会社

会場のご案内

東京コンファレンスセンター・品川  会場Webサイト

〒108-0075 東京都港区港南 1-9-36 アレア品川 5F
【交通アクセス】 JR品川駅 港南口(東口)より徒歩2分